面接に必要なのは逆質問力だった!人事ウケする質問パターン

面接対策
スーツ男性 メモ

面接の最後の方には、質問できる場合が多くあります。
あらかじめ質問パターンを予習して、好感度高めな逆質問をしましょう!

まずは基本!自分が知りたいことを質問しよう

その企業や就活について質問するというもの。

  • 職場の雰囲気どうですか
  • やりがいを感じるのはどんな時ですか
  • 仕事をしていて嬉しいのはどんな時ですか
  • 仕事をしていて大変なのはどんな時ですか
  • 就活の際、御社を選ばれたのはなぜですか
  • 就活の軸はどのようなものでしたか
  • 女性として働きやすさを感じていますか
どんな会社にも当てはまる一般的な質問なので、使い回せて便利です。
しかし一方で、面接官が聞き飽きているというデメリットも。
就活のスタート時期は大丈夫ですが、面接官によってはこれらの質問は避けた方が無難かもしれません。

次にやる気や能力をアピールできる質問!

  • 入社までにやっておくべきことはありますか
  • この資格を持っていますが、御社で活かせますか
  • 私の長所は◯◯ですが、御社ではどのような資質が求められますか

ここで大切なのが、わざとらしいのはNGということです。
あくまで質問がベースなので、自己アピールの部分は簡潔に。

避けた方が良いNGな質問例

  • 質問するまでもないこと
  • 会社が聞いてほしくなさそうなこと
  • 福利厚生に関すること

基本的にこれらを質問するのはNG!
面接官の反感を買ってしまいかねません。

  • 御社では海外展開されていますか
  • どのような事業をやっているんですか
  • サービス残業や休日出勤はありますか
  • 有給消化率はどのくらいですか

就活生が一番気になるこれらの情報ですが、これらは避けた方がいいのかもしれません。
絶対に聞くなとは言いませんが、これらばかり質問するのは良くないでしょう。

最後に

逆質問は慣れるまでは大変ですが、効果は抜群です。
是非お試しを!

新着コラム一覧

コラム一覧 >