就活に自己分析って必要?”自己分析は無駄”説の徹底検証!

自己分析
聞きたくない

「まずは自己分析から。」

なにから就活を始めればいいかわからない、なんて人がよくされるアドバイスが大抵これです。

しかし実は「自己分析は無駄・就活に必要ない派」もいるのです。

実際に自己分析なしで就活を終えた猛者もいるんだとか。

気になりますよね。

なぜ自己分析が就活に必要ないのでしょうか。自己分析は無駄なのでしょうか。

必要ない派の意見を聞いてみましょう。

自己分析しても、実際わかるわけがない

社会に出ていない・仕事もしたことがない学生がほとんど。

そんな学生がいくら自己分析をしても、職業適性なんてわからないという意見があります。

なるほど。確かに社会に出てからは様々なことがガラリと変わります。

今の価値観で過去を分析しても、未来は見えてこないというのは納得かもしれません。

たしかに、自己分析は無駄なのかもしれないですね。

自己分析は自分の可能性を狭める

自己分析をしてその結果に囚われすぎてしまう就活生がいます。

自分の適正や趣向にあった業界や仕事があればまだ良いのですが、

完璧を求めすぎて行きづまってしまったり…

無事就職した後に理想とのギャップに苦しんだり…

間違った自己分析で、実は向いていなかった…なんていうことも。

自己分析の結果に振り回されすぎてしまうのは良くないのですね。

自己分析はそこまで役に立たない・無駄

自己分析を使用するのは業界・企業選びの段階が主です。

なので選考の段階ではそこまで使わなかったという声があります。

確かに、自己分析なしでも自己PRが作れる就活生にとって、自己分析は無駄なのかも。

結論、自己分析は無駄なのか否か。

ここまで自己分析は無駄・必要ない派の意見をまとめてみました。

たしかに、自己分析に固執しすぎるのは良くないですね。

しかし結論として、ある程度の自己分析は就活に必要です。

 

業界や企業は様々で、全てを受けることはもちろんできません。

自己分析で就活の軸を持っておけば、企業選びが楽になるんです。

また「あなたの就活の軸はなんですか」と聞かれる面接もちらほら。

 

いらない派の意見も聞きつつ、就活生なら1度はやってみることがおすすめ。

新着コラム一覧

コラム一覧 >