自己分析は必要ない?無駄って本当?

自己分析
人差し指 女性

自己分析は就活に必要ない?

よくこういったことを聞きますよね。

たしかに、業界研究や企業研究の方、SPI対策の方がよっぽど選考に役立ちそう。

本当にいらないの?自己分析やる意味ってなに?一緒に考えていきましょう。

自己分析は面接で必要

面接では様々な質問をされますが、人事が聞きたいことは結局1つ。

それは、「あなたがどういった人間なのか?」ということです。

でもよく考えてみてください。

自分が何者かということを、自分で理解している人って少ないんじゃないでしょうか。

面接官には、自分の特徴や良さを確実に伝えなくてはいけません。

そのためには自己分析が欠かせないということなんですね。

自己分析の必要性

自己分析とは、自分のこれまでの人生を振り返り、

  • 自分がどんなことを考えてきたか
  • 自分がどんな価値観を持っているか
  • 何が得意で、何が苦手か
  • それらを踏まえて、どんな仕事をしたいと思うか

を考える作業です。

これらをすることで、話す内容に一貫性を持たせることができます。

話す内容が矛盾していたり、一貫性がなければ人事を説得することはできません。

思いつきで話すと全体のまとまりがなく、「あなたがどんな人間なのか」を印象付けることができません。

こういった事態を回避するために、自己分析は必要なのです。

自己分析は企業選びにも必要!

面接だけでなく、企業選びにおいても役に立ちます。

  • 自分は何に喜びを感じるのか
  • 将来はどんな人間になり
  • どんな生活をしたいのか

これらの価値観が明確になることで、企業選びの軸を作ることができます。

軸ができると志望動機にも真実味がでてきます。

自己分析は就活のためだけじゃない!

自己分析は社会人になっても重要なものです。

ぜひ学生のうちから取り組んでみてください。
自分が今の仕事にどんなところで面白み・つらさを感じているのか

なぜこの仕事を選んだのか

これらを言語化できることは、幸せな後悔の少ない人生を送るためにも大切です。

皆さんが自己分析をアクセルにして、就職活動を成功させられますように!。

新着コラム一覧

コラム一覧 >