就活の軸とは?説得力のある就活の軸を作りあげる方法を公開

その他
豆電球 人差し指
「就活の軸ってなに?」 
「就活の軸って面接で聞かれたけど、答えられなかった」 
「就活の軸って必要なの?」 

就活を始めてから、中堅就活生( ?)になるくらいにこういった疑問が出てくることが多い「就活の軸」。

今回は、この就活の軸について徹底解説します!

そもそも、就活の軸って?

就活の軸とは「企業選びの基準のこと」です。

日本、いや世界には数え切れないほどの会社があります。
日本だけでも400万社存在すると言われています。
就活では、最終的にその中から1社選ばなければなりません。
限られた時間の中で、もちろん全ての会社を見に行くことはできません。
また、ある程度絞って見ていった方が効率的ですよね。
そこで登場するのが「就活の軸」です!
就活の中で、あなたが企業を選ぶ基準ということです。

軸を持つメリット

自分が何を基準に企業を選ぶか初めに定めることで
スムーズに効率的に就活を進められます。
また、就活が行き詰まってしまうことがあるでしょう。
そんな時自分の中に軸を持っておけば、何が一番大切か見失わずにいられるんですね。

本音の軸とプレゼン用の軸、二つの軸

よく言われるのが就活の軸は二つあるということです。

まず作るべきは「本音の軸」。

“ぶっちゃけ”自分は何を基準に会社を選んでいるかですね。
キレイ事のような志望理由の裏には誰しも欲望があるはず。
例えば

  • 超稼ぎたい
  • 異性からモテたい
  • 都会のOLになりたい

きっと皆さんにもいくつかあるのでは!
このような、絶対外せない本音の軸を最低1つは持っておきましょう。

ただ、こういった欲求もない方もいらっしゃるのでは?

その際には将来の理想の自分をイメージしてみましょう。

「子供はとりあえず欲しいな…」

「東京に一戸建てがほしいな」

「老後は海外で暮らしたいな」

などなど。なんでもいいです!

それら理想の状態になるためには、何が必要か逆算しておくと良いです。

登録にくる学生様の例をあげると

 

「ギリシア人と28歳までに結婚したい」

「アーリーリタイアして長野の山奥で清貧生活を送りたい」

「ビッグダディのように子供がたくさん欲しい」

「旦那よりも稼ぎたい」

など様々です!笑

それらになるためには、どれくらいお金が必要で、どんな時間が必要で、それらを得るにはどんなスキルが求められるのか…そこから企業選びの軸を作りましょう。

そして「プレゼン用の軸」。

面接で「あなたの就活のはなんですか」と聞く人事は多いです。
一貫性を持って就活をしている人の方が好まれますね。
ここではあまり本音の軸を言うべきではありません。
稀に本音をそのまま言う方がウケる場合もありますが、リスクの方が大きいです。

本音の軸をそのままプレゼンすると、話す時間が長くなりすぎてしまうこともあります。

プレゼン用の軸の作り方

本音の軸を言い換える

実はとっても簡単。
本音の軸を言い換えればいいのです!
例えば、

  • 稼ぎたい→実力主義でバリバリ働きたい
  • 楽な仕事がいい→プライベートとのワークライフバランス

このようにうまく言い換えてしまいましょう。

就活の軸は2つから3つにまとめよう。

就活の軸は1つで終わらせないことも重要です!

なぜなら1つのみだと殆ど企業を絞れていないため、面接の際に説得力を持って説明することが難しくなるからです。

最低2つ、理想は3ほどプレゼン用に用意をして臨みましょう!

皆さんも、本音と建前を使い分けてぶれない就活を!

新着コラム一覧

コラム一覧 >